珈琲ラッシュ

双極性障害で休職。それをきっかけに料理・読書が趣味になり、好きだった珈琲にハマってしまったおじさんが書いてます。

コーヒーゼリー【市販】を食べ比べてみた【冷蔵品】カロリー、値段も

 
コーヒーコーディネーターの躁うつおじさんです。


コーヒーのデザートといえば、コーヒーゼリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

コーヒーは飲まないけど、コーヒーゼリーは食べるという方もいるかと思います。

私は無性に食べたくなる時があります。


今回、そんなコーヒーゼリーを食べ比べてみました。

身近なもので、セブンイレブンでよく売られている、市販のコーヒーゼリー2種で比較してみました。


はじめに
コーヒーゼリーの発祥について調べてみました。


発祥は日本で、家庭での手作りから始まり(諸説あり)、最初に商品として販売されたのはミカドコーヒーの創業者です。1963年に「食べるコーヒー」として大ヒットしました。しかし、海外ではあまり知られていないようです。*1

商品として、世に出回ったことに関しては、歴史が浅いですね。
スーパーで売るようになったのは1970年代からだそう。
丁度、私が生まれたころです。

子供の頃、ほとんど興味がありませんでしたが、グリコのカフェゼリーは洒落た容器だったのでよく覚えています。

www.glico.com

コーヒーゼリーを食べた一番古い記憶は、歳の離れた姉が食べているのを見て、食べてみたくなり、少しもらった覚えがありますが、苦くてほとんど食べれませんでした。

食べ比べ

f:id:shoji7405coffee:20210215121002j:plain
f:id:shoji7405coffee:20210215120934j:plain
f:id:shoji7405coffee:20210215120953j:plain

EMIAL 珈琲ゼリー

1個230gと大容量で食べ応えがあります。
ゼリーが砕かれているので、クリームとよく絡み合っていてクリーミーで濃厚ですが、それぞれ別々に食べると、あっさりしています。

一緒に食べると「濃厚」別々に食べると「あっさり」

なんだか、不思議な感じがします。

f:id:shoji7405coffee:20210215120943j:plain

甘味 ★★★☆☆
苦味 ★☆☆☆☆
コーヒー感 ★★☆☆☆

コーヒー感は多少ありますが、苦味はほとんど感じません。

¥151で購入
1個(230g)当たり147kcal

1g当たりとしては0.63kcalなので、低いほうではないでしょうか。

雪印メグミルク ほろにがコーヒーゼリー

1個110gで、おやつや小腹が空いた時に良さそうです。
クリームとゼリーが2層になっているので、混ぜながら食べるタイプです。というか、これが一般的ですね。

別々に食べても、混ぜて食べてもあっさりしています。
f:id:shoji7405coffee:20210215120925j:plain

甘味 ★★☆☆☆
苦味 ★☆☆☆☆
コーヒー感 ★★★☆☆

苦味はほとんど感じませんが、コーヒー感が程よくあります。

¥100で購入
1個(110g)当たり129kcal

1g当たり、1.17kcalなので EMIALの1.8倍です。 


コーヒーゼリー【市販】を食べ比べてみた【冷蔵品】 まとめ

メグミルクの方があっさりしている割にカロリーが高いのは、EMIALは寒天を使用しているのに対し、メグミルクはゼラチンを使用しているからかもしれません。

お互い、どの程度配合されているか分かりませんが、日本食品標準成分表によると100gあたりのカロリーは寒天153.9kcal、ゼラチン343.9kcalと、2倍以上の差があるので頷けます。

この2つだけで考えると、コーヒー感を楽しむならメグミルク、カロリーを気にするなら、EMIALを2日に分けて食べるのが良さそうです。




👇やる気スイッチ”ポチッ”とお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村