珈琲ラッシュ

双極性障害で休職。それをきっかけに料理・読書が趣味になり、好きだった珈琲にハマってしまったおじさんが書いてます。

【 パイン 昭和のコーヒー牛乳 ソフトインキャンディ】 レビュー|1粒で2度おいしい

 
コーヒーコーディネーターの躁うつおじさんです。


今回は

【 パイン 昭和のコーヒー牛乳 ソフトインキャンディ】
をレビューしていきます。

商品情報

昭和スタイル&昭和テイスト! 牛乳瓶をモチーフにしたユニークなパッケージに入ったソフトインキャンディです。
キャンディのセンターにソフトキャンディを充填したソフトインキャンディ構造。
凍結粉砕の超微粉末浅煎りブラジルコーヒーを贅沢に配合しました。

引用元:パインHP

外装は牛乳瓶を思わせるフォルムになっています。なんだか、可愛らしいですね。

パインは1948年(昭和23年)創業の老舗メーカー。けっこう歴史がありますね。
パインといえばパインアメ

画像お借りしました

ロングセラーなのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

そんなパインより発売されている今回の商品はどうやら新発売のようです。コーヒー好きには見逃すわけにはいきません。


それではレビューといきます。

外側は硬いキャンディ、内側は柔らかいソフトキャンディになっています。

外装開封
保管に便利なチャック付き。ただ、商品の下にある珍しいタイプ。

全部で15粒入っています。

内装開封
クリーミーな甘い香りとほんのりとコーヒーの香りが漂ってきます。
まさに、コーヒー牛乳といった感じでしょうか。

1円玉くらいの小粒タイプになっています。


それでは実食といきましょう。
実食

甘さ ★★★☆☆
苦味 ★☆☆☆☆
珈琲感 ★★☆☆☆
  • 外側は甘さはあるが塩味を感じやすく、内側はまろやかでクリーミーな口当たり。
  • 苦味はほんのりとあるくらい。
  • コーヒー感あり。(コーヒー牛乳の味わいを感じられる)

【 パイン 昭和のコーヒー牛乳 ソフトインキャンディ】まとめ

栄養成分

1粒(4.6g)あたり
エネルギー18kcal
たんぱく質0g
脂質0.2g
炭水化物4.2g
食塩相当量0.01g

炭水化物(糖質・食物繊維)は PFCバランスとしては高いです。(厚生労働省3大栄養素の推奨バランス)

キャンディなので炭水化物の塊です。
脂質はかなり低い。

推定エネルギー必要量(kcal/日)
男性 女性
18~29歳 2,650 2,000
30~49歳 2,700 2,050
50~64歳 2,600 1,950
座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合。

出典:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

原材料

砂糖(国内製造)、水飴、ショートニング、植物性油脂、コーヒー、乳成分、乳糖、加糖練乳、ゼラチン、食塩/香料、乳化剤、カラメル色素、(一部に大豆・乳成分を含む)

商品名にもある「昭和」。X世代にとっては親しみやすく懐かしさを感じることができました。

塩味を感じやすいですが、変な塩味さはないので気になることはなかったですね。

小腹満たしに最適です。


リピート有無・・・あり


送料無料あります。

👇やる気スイッチ”ポチッ”とお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村            

PVアクセスランキング にほんブログ村