珈琲ラッシュ

双極性障害で休職。それをきっかけに料理・読書が趣味になり、好きだった珈琲にハマってしまったおじさんが書いてます。

ローソン【Uchi Café×猿田彦珈琲 キャラメルジェラッテ】 レビュー|甘いけど苦い?

 
コーヒーコーディネーターの躁うつおじさんです。


今回は

ローソン【Uchi Café×猿田彦珈琲 キャラメルジェラッテ】
をレビューしていきます。


商品情報

「Uchi Café×猿田彦珈琲」初コラボ!珈琲ゼリーを含む複数の層を重ねたスイーツ。

引用元:ローソン公式サイト

税込み354円
プチご褒美スイーツといったところでしょうか。

商品名はキャラメルジェラッテとなっていますが、その下には「CARAMEL COFFEE JELLATTE」とCOFFEEの文字があるではないですか。

商品情報にもあるように珈琲ゼリーが使われている・・・これを食べ逃すわけにはいきません。

ただ、キャラメルがメインぽいので甘さが強いイメージがしますが如何ほどか。


まあ、とにもかくにもレビューしていきましょう。

開封
表面には定番のココアパウダーがトッピング。

ココアパウダーの下のキャラメルホイップ、カスタードクリームはなめらかな感触が伝わってきます。
キャラメルホイップとカスタードクリームの間にはスポンジケーキらしきものが挟まっていました。

その下にはお待ちかねのコーヒーゼリー。若干、固めな感じ。

さて、それでは頂いてみましょう。
実食

甘さ ★★★☆☆
苦味 ★★☆☆☆
珈琲感 ★☆☆☆☆
  • キャラメルホイップは甘さはあるが、ほんのりと苦みがある。カスタードクリームは甘ったるい感じはなくまろやかで食べやすい。
  • なぜかサクサク食感がある。見た目にはわからなかったが、どうやらホワイトチョコクランチがいる模様。
  • コーヒーゼリーは歯応えがあり、ほどよい苦みでほんのりとコーヒーを感じる。


ローソン【Uchi Café×猿田彦珈琲 キャラメルジェラッテ】まとめ

栄養成分

1包装当たり
エネルギー246kcal
たんぱく質3.5g
脂質12.4g
炭水化物30.8g
・糖質29.6g
・食物繊維1.2g
食塩相当量0.14g

炭水化物(糖質・食物繊維)は PFCバランスとしては理想です。厚生労働省3大栄養素の推奨バランス)

脂質は高め。

推定エネルギー必要量(kcal/日)
男性 女性
18~29歳 2,650 2,000
30~49歳 2,700 2,050
50~64歳 2,600 1,950
座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合。

出典:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

原材料

カスタードクリーム(国内製造)、油脂加工食品、糖類(砂糖、粉あめ、ぶどう糖)、卵加工品、クリーム、カラメルシロップ、コーヒー濃縮液、液卵、ショートニング、植物油脂、チョコレート、小麦粉、カラメルソース、ビスケット、牛乳、ゼラチン、コーヒー粉末、調整ココアパウダー、マーガリン、バニラペースト、食用加工油脂/糊料(増粘多糖類、加工澱粉)、トレハロース、グリシン、乳化剤、香料、メタリン酸Na、膨張剤、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、酒精、着色料(カラメル)、酸化防止剤(VE)、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆・ゼラチンを含む)

キャラメルホイップのほんのりとした苦味とコーヒーゼリーのほどよい苦みにより、思ったより甘さが抑えられているように感じました。

カリっとした食感のホワイトチョコクランチがアクセントになっているのもいいですね。(スポンジケーキに見えたところはホワイトチョコクランチだったのかもしれませんが、スポンジケーキの食感もあったような・・・)

同時発売のマロンジェラッテにもどうやらコーヒーゼリーが使われている模様。こちらも是非、食べなくては。

リピート有無・・・あり

👇やる気スイッチ”ポチッ”とお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村            

PVアクセスランキング にほんブログ村